LMDE ⇒(フリーズしちゃった)⇒ Debian 安定版 ⇒ BackPortsの公開カーネルに置き換わる ⇒(ダウングレード) ⇒ Debian安定版

LMDE(LinuxMint Debian Edition)のUpdatePack7が出たのはいいのだけれども、上げてから頻繁にフリーズする。
アップデート失敗か?それとも特定のファームのドライバが未対応とかなのか?
もちろん僕にはこの状況を打開するスキルもないし、LMDEにずっとこだわるというわけでもないので
違うやつに変えることにした。

スポンサードリンク

何にしようかな?

Ubuntu やLinuxMintを使ってきたのでそのベースとなっているDebianがいいかなと思う。
でも、これには3つの種類がある。

まず正式にリリースされた安定版
これは2年くらいの歳月をかけて丁寧にバグ取りをされた安定したバージョン
リリース後はセキュリティパッチは当てられるけれどカーネルや各種アプリのバージョンアップは無い。

時期安定版のためにテスト中のテスト版
これは来たるべき次のリリースのために準備をしている奴

絶賛開発中の不安定版
これは常に新しいものを取り込んで最新を追っていく奴
セキュリティのアップデートは無いが、常に新しくなるのでセキュリティホールも取り除かれやすい。

不安定版をクリアしたものはテスト版に回ってバグとりとかセキュリティホールを不在だりして、大体二年単位で安定版をリリースしていく感じ。

Ubuntuは不安定版をベースにしていて、LMDEはテスト版をベースにしている。
テスト版より不安定版のほうが使う分にはいいらしい。
テスト版は依存関係とか壊れやすいとか何とか

で、安定版はずっとバージョンが二年間上がらないわけだけれども、
それだと困ることも多い。
ブラウザがバージョン上がらなかったりして大変不便。ってことでバックポートというのが用意されている。
テスト版とか不安定版でリリースされたものを安定版用にビルドして配布したもの。
LibreOfficeは安定版だと3.0系だけれども、バックポートだと4.0系になっている。

うっかり全部バックポートに

ノートPCとデスクトップで二台体制で運用しているのだけれども、今回入れ替えようとしているのはデスクトップの方。
ノートはLinuxMint15が入っていて、結構最新をおいかけている感じ。
デスクトップは大容量HDDを生かして家庭内の母艦のようになっているので、安定性のある方がいいだろうということで安定版にすることにした。
古くなったアプリはバックポートで対応。

でも、バックポートの使い方がよくわからなくて
リポジトリのリストにバックポートのURLを入れたのはいいのだけれども

sudo apt-get -t wheezy-backports dist-upgrade

とかやっちまってね。
公開されているバックポートのものに置き換わっちゃった。
カーネルも3.10の物が公開されていて、カーネルもバージョンアップされた。

そのおかげでLMDEで発生していたようなフリーズする症状が再発。
新しいカーネルが問題だったのかな…

本当は

sudo apt-get -t wheezy-backports install libreoffice

とこのようにすでにインストールされているものもバックポートを指定してインストールコマンドをすれば入れ替わるんだったんだ。
気をつけないと危ないね。

ダウングレード

http://debian.fam.cx/index.php?AptGet#y193a8b6

ここを見るとダウングレードのやり方が書いてある。
/etc/apt/preferencesってファイルに

Package: *
Pin: release n=stable
Pin-Priority: 1001

って書いて、

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

と実行するだけ。

安定版のリポジトリを優先して、他のモノはダウングレードしてでも上書きをするという方法。
これで無事に安定版に戻った。

あとはさっきのpreferencesファイルを削除して

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

をやるだけだ。
それからLibreOfficeなど個別にバックポートをしたいものだけを選択してインストールをした。

安定版は安定している

安定版は本当に安定している。
フリーズすることもなく、安定稼働してくれている。

最近、新リリースされたばかりだからまだまだUbuntuなどに比べてもバージョンの差は無いから。
安定版を使うなら今のうちだ。
まだ時代おくれさは全く感じない。

教訓
テスト版も不安定番も結局はリスクはある。

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ