ハワイ旅行でみたトイレ

非海外派の僕がはじめての海外旅行で見たトイレは馴染めそうになかった…

日本のトイレは諸外国の旅行者が驚くという話を聞くが、なるほど納得トイレが使いづらい。

もちろんウォッシュレットなどは無く、子ども向けの小さい便器やズボンを脱ぐ足場スペースもない。
仕切りの壁と地面との隙間が高く、膝まで見えるのだ。

個室トイレのドアは閉まっていれば使用中で、空いていれば未使用、
もしくは、鍵を閉めたら赤い目印が出てくるというように日本ではなっているけれども、

ハワイでは使用中でも空室でもドアが閉まる。
しかも鍵がかかっている目印がない。

中にいるかいないかを判断するのは、その膝くらいまで見えるくらい高い隙間から足が見えるかどうか。
結構高いので子どもがかがんだら横まで見えてしまう。

トイレは都内の駅構内ほどは汚くはないけれども、繁華街の有名なショッピングセンターや空港でもイオンほど綺麗ではない。
ファミリーレストラン程度の綺麗さ。
ホテルもまた然り。

トイレットペーパーの設置方法なのだが、
日本ではほぼほとんどが紙の端っこが上になるように設置すると思う。
紙を抑えるおもりみたいなものが上から抑えてミシン目の部分を切るように使っているだろう?
だけれどもハワイでは半々くらいで逆に設置されていることがある。
逆バージョンの場合は、したの方に引っ張るとミシン目からちぎれるようになっている。

手を洗う洗った後に手を乾燥させる通称「ブオー」はあまり普及していないみたいだけれども、あるところにはあった。
ちなみにメーカーはダイソンで、デザインは正にダイソンだった。
手を入れるところに手首に沿った形の曲線があるのだけれども、ダイソンの掃除機や扇風機のようなあの雰囲気
そのうちに日本にも入ってくるかも知れない。。

ちなみにブオーがない場所には、手を拭く紙が出てくる機械が設置されていたのだけれども
手を差し出すとセンサーで紙が出てくる方式なのだ。
ウォッシュレットとかそういうハイテクなものはないのだけれども、違う箇所で日本にはないハイテクさを見せてくれる。

ダイソンの他に日本では知られていないメーカーの製品がトイレでは使われていたけれど、一箇所だけTOTOの便器を使っているところがあった。
でも日本で見られるような綺麗なトイレではない。

あと、なぜかトイレの近くには体重計が設置されていて、25セント払うと使えるらしい。
肥満が多いお国柄、体重を気にする人が多いのかもしれない

DSC_3544_2
謎の体重計。所々に置いてあった

スポンサードリンク

関連コンテンツ