一生懸命やると視野が狭くなる。前向きになると後ろが見えなくなる。

一生懸命やります!
という言葉があるが、ベストを尽くしますとはちょっと意味合いが違うよね。

一生懸命は無理をして物事をやるという感じがする。

元々の言葉は一所懸命といって、領主が命をかけて守る土地という意味で、
転じて命がけで物事をやるという意味に変わったそうだ。… 続きを読む

【Scala】Javaを使っている僕が感動したScalaの機能 カリー化 部分適用

Javaには無くて、Scalaにはある素晴らしい機能の一つに関数を変数に入れて使えるが、
これが予想以上に便利なんだ。

僕は関数を変数に入れられるというから、「Javaのクラスの小さいものだろ?」くらいに思っていたが
Javaより手軽に使えるし、何よりもJava特有の冗長な書き方も制限も少なくとても便利だ。

部分適用… 続きを読む

公開鍵と共通鍵の歴史ロマン

情報処理技術者試験の季節になって、僕もいま勉強しているところだ。

基本情報技術者をはじめて受験する人にとってはあまり馴染みのない言葉ばかりで苦労している人も多いだろう。
無機質な単語をただ暗記している人も多いかもしれない。

僕は以前に『暗号解読』という暗号解読の歴史についての一般向けノンフィクションを読んだため、暗号化技術の歴史を
楽しく覚えることができた。… 続きを読む

情報処理技術者試験まで一ヶ月を切っているので、勉強プランを紹介する。

情報処理技術者試験まで一ヶ月切ったので、勉強をはじめる。

僕が受けるのは情報セキュリティスペシャリスト試験だ。

数年前に基本情報技術者、次の年に応用情報技術者は受かっているので
三回目の合格を目標に三週間やってみる。

一応、応用情報が受かった次の年から毎回試験は受けていたけれど、… 続きを読む

古き良きという言葉はあるが、古い=良いとは限らない

昔からやっているからそうあるべきだという人いるよね。

「体罰は昔から続けていたから、これからも続けるべきだ。」
or
「体罰は僕らもされてきた。そしてそれは昔から続いている。だからこれからも続けるべきだ。」

プログラミングの話だけれども、10年前から主流のオブジェクト指向を昔からやっている手法のほうが良いとして否定したりする人も結構いる。… 続きを読む

Scala勉強中だけれども、すこし関数型言語の魅力がわかってきた。

電子書籍が少しずつだけれども着実に浸透している。
GoogleBooksなどスマホでも簡単に買える仕組みもできてきて、リーダーを買わなくても誰でも手軽に買えるようになってきた。
まだまだラインナップは貧弱だけれど近い未来書店で売られている以上の書籍を家に居ながらにして瞬時に買える時代が来るだろう。

僕は業務でJavaを使っているし、趣味でもAndroidアプリを作ることでJavaを活用している。

オブジェクト指向には(理解をしているとは言えないかもしれないが)慣れ親しんでいる。… 続きを読む