ラテン語お勉強その2 天地創造を読む。高校英語レベルでもいけるな

ラテン語を勉強すると言ってから数日、今回は予告通り意外とちゃんと続けられた。

辞書を引いてもその場しのぎで日本語訳を書いて終わりではなく、文法の注目すべき点などをノートにまとめて少しずつ進めていくと楽しくてパソコンそっちのけで、しばらくこっちばかりやってた。

基本的に大学受験の英語の勉強を始めた頃と同じプロセスだ。
未知の文法をまず説明できるレベルまで噛み砕いていく。
そうすると理解して自然と記憶に定着して、辞書引く回数も低し、活用も自然と覚えられる。… 続きを読む

文化シヤッターによるIBM提訴について、IT企業下っ端の僕の視点

最近IT企業がシステム納入できずに、ユーザー企業から提訴される件が年に数回報道される。
裁判になるレベルなので、失った金額は大きく弁償してもらいたい金額も非常に大きい。

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00014/

大体のシナリオは、社内システムを新しくしたい企業が、大手IT企業と契約をしたが、思うように開発が進まずにっちもさっちもいかなくなり計画は中止、損害が出た分を払ってほしいとユーザー側が提訴するというのがいつものパターン。

今回の件もそのようなパターンになっている。… 続きを読む

蒸気機関発明から昭和の始まりまで、あの発明ができた頃はどんな時代

蒸気機関が実用化されてから様々な発明や発見でまたたく間に技術を進歩させて
月に人類がおりてから久しく、個人で世界と繋がるネットワーク端末を常に持ち歩き、コンピュータの能力は人間を越えようとしている。
『企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなる程、情報化されていない近未来』と攻殻機動隊の前口上で言っていたが、ほぼそのようになりつつあるのが2018年現在だ。… 続きを読む